歯を白く保つ方法

歯ブラシと歯磨き粉、歯磨きセットの画像 ホワイトニングについて

毎日、熱心にブラッシングをしてるのに・・・、

毎食後にきっちり歯磨きしてるのに・・・、なんだか歯が黄ばんできた・・・。
一念発起して、ホワイトニングをして輝く白い歯を手に入れました。せっかく手に入れたこの白い歯、いつまでもキープしたいですよね?

ホワイトニングをしても、そのままお手入れ、メンテナンスをしないなら、元の木阿弥です。

ここでは、白い歯をキープする方法についてご紹介します。

白い歯を白いままに!

白い歯を白いままに保つために気を付けたいことをまとめました。

ステイン(=色素)が付きやすい飲食物は避けましょう。

歯にステインが付着しやすいのは、コーヒー、紅茶、緑茶、赤ワイン、しょうゆ、カレー、トマトソース、キムチ、ブルーベリーなど色の濃い飲食物です。
ステインは、いったん歯に付くと、一般的な歯磨き粉では取れません。

タバコは、白い歯の敵!

ヘビースモーカーの歯が、ヤニで真っ黄色になっているの、見たことあるでしょう?タバコのヤニ(タール)は、歯に付くと一般的な歯磨き粉では落ちません。
健康のためにも禁煙するのがベストですが、もし無理なら、タールを含まない電子タバコなら、少しマシかもしれません。

毎食後のブラッシング!

毎食後、就寝前のブラッシングは忘れずに、丁寧に行いましょう。食べ物汚れを除去し、それが歯垢や歯石になることを予防します。それは、虫歯や歯周病も防ぎます。
移動中や外出時は、思うようにブラッシングができません。そんな時にはマウスウォッシュがお役立ち!それも難しいようならうがいだけでもずいぶん違いますよ。

ガムを噛みましょう!

ガムを噛むと唾液が出ます。唾液は、口の中を流れ、汚れを除去するだけでなく、唾液の殺菌効果が虫歯予防にもつながります。

虫歯予防に効果のあるキシリトールガムならさらに効果的です。キシリトールガムには、メタリン酸ナトリウムが配合されていますが、この成分が歯の表面のエナメル質の黄ばみのもとになるステインを防ぎます。ブラッシングやマウスウォッシュが使えないときにキシリトールガムを噛みましょう。

まとめ

ブラッシングを丁寧にしていても、知らない間に汚れが溜まってしまいます。せっかく、ホワイトニングをして真っ白な歯を手に入れたんですもの、いつまでもその白さをキープしたいですよね。

いつまでも、歯を白く保つ方法をまとめました。いつもの歯磨き粉を、歯を白くするセルフホワイトニング用ケア商品に変えるのも一つの手です。ぜひ、検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました